<プレゼンテーション概略>投資環境が厳しさを増し、高ボラティリティに翻弄される近年、年金スポンサーにも高分散を謳ったマルチアセット運用戦略が徐々に浸透してきています。マルチアセット運用といっても、様々なタイプが存在していますが、その中でも、オルタナティブのカテゴリーに分類される、各種ファクター・プレミアムの獲得を狙ったオルタナティブ・リスク・プレミアム(ARP)戦略は、伝統的資産との低相関、 安定性、コスト・パフォーマンスの高さから注目を集めています。しかし、近年、とりわけ2018年は ARP戦略のパフォーマンスの低迷が目立ち、同戦...

<プレゼンテーション概略>

当戦略の特徴は、

1)市場の上昇・下落にかかわらず、プラスのリターンを追求すること、

2)個別株ロングはもちろん、個別株ショートからアルファを抽出するダブル・アルファ戦略であること

3)ウオーレン・バフェット流ファンダメンタル投資と、ヘッジファンドの厳しいリスクマネジメントを統合したユニークな投資プロセスであること、

4)流動性は日次であることです。

当戦略では、現在のマーケットにおいてアルファはショートの方が豊富で、かつ競争も少ないと

考えており、ショートでアルファを抽出する事に力を入れております。また、多くのヘッジ...

<プレゼン概要>
グローバル経済の成長(特に企業収益成長率)に減速の兆候が見られる中で、今後は株式市場のβから継続的に高いリターンを獲得することは難しいと考えています。一方で、米国大統領選挙の動向、米中貿易摩擦、新興国の地政学リスクなど依然として不透明感が高く、今後も市場のボラティリティ(変動性)は高止まりすることが想定されます。こうした中で、Nuveenでは優れた投資効率を保ちつつ、高水準のインカム収入を獲得していくことがより重要になっていくとみています。具体的には、コア・ミドル・マーケットの貸主保護条項付きシニアローン、インカム...

<プレゼンテーション概略>

多くの確定給付企業年金の積立水準が良好である一方で、低金利、景気サイクルの後半を迎えていること、米中の貿易戦の影響による先行き不透明感等から運用環境としては対応が難しい環境になっています。

このような環境の中で資産運用の今後検討すべき点について欧米の事例を交えて、具体的には、新たな戦略への投資、ガバナンス、アウトソースの活用(OCIO)等について説明いたします。

<会社紹介>

マーサー(英語社名: Mercer, 本社: ニューヨーク, 社長兼CEO:Martine Ferland)は、組織・人事、

福利厚生、年金...

Please reload

© 2014 marketmakers