My Items

I'm a title. ​Click here to edit me.

第2回JPCオンラインコンファレンス開催(11月18日、15時~16時)

マーケットメーカーズ、アドバイザーの矢野です、今回も視聴者として参加しました。 1部は、タワーズワトソンの堀内コンサルタントから、「今後のショック再来に備えた年金資産運用」という題目で、不透明な経済市場環境が継続すると予測される中で、年金資産運用はどう対処すれば良いのかという実践的な内容でした。 詳細は省略しますが、印象に残ったのは、「現状の自社年金のガバナンスが充分でなくても、それを補完する手段を作るべき」との提案でした。「会社の運用に対する理解が低い」とか、「リスク管理する為の人材要員がいない」とか、兎角やらない理由を探しがちですが、現状のガバナンスでも出来る事を探すとか、一部をアウトソースするとかの工夫をし、少しでも資産運用の効率向上への努力をすべきとの提案には説得力を感じました。 2部は、IFMの正田在日代表から、「コロナ危機下におけるインフラ投資」という題目で、コロナ危機後の種々資産とインフラ資産のパフォーマンス比較や、インフラ資産内の各種資産の状況についての説明がありました。コロナ危機で世界の人の動きは消滅し、空港等のインフラ案件は壊滅したのでは?と心配されている年金基金の方も多いと思いますが、インフラ資産の評価下落は、株式、事業債などより低いとの説明もあり、少し安心されたと思います。(コロナ危機といったショック時にも、株式等の上場資産は、売買が成立する事で評価は大幅に下落する。一方上場されていないインフラ資産も、リスクプレミアム(将来収益を現在価値に割引く金利)を評価者が見直す(上げる)事で、価値評価は下がる」がその影響は相対的に少ないとの説明) しかし、インフラ資産のなかでも、空港等の下落は大きく、再生エネルギー、通信、水道事業関係のインフラ資産の下落は相対的に低かったとの事でした。やはり、ここでも「分散が大事」との結論でした。 現在、債券金利はほぼ「0」ですが、事業収益の裏付けのあるインフラ資産は、年金のような長期投資には、相性の良い投資対象ではないかとのお話でした。皆様はどのようにお考えですか? 反対意見も大歓迎です、どしどしご意見を頂けたら、幸いです。(議論する事が大事と思います) 今回の両社の資料は、直接、以下のプレゼンターにご用命ください。 タワーズワトソン・インベストメント・サービス:堀内氏 kuniko.horiuchi AT willistowerswatson.com IFM Investors:正田氏 yuji.shoda AT ifminvestors.com

ATは@に変更します。

<JPCオンライン 第1回開催報告> ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズファクターの相関に着目した株式投資戦略で、下値を抑制した年金運用を

2019年度終盤から2020年度にかけて新型コロナ感染拡大を受けて資産運用市場は大きく動揺し、今年度の年金資産運用はきわめて難しい舵取りを余儀なくされてきた。しかしながら2020年度も後半に差し掛かり、年金基金にとっても今年度の残り、そして2021年度以降に向けて運用方針を再考すべき時期に来ているのではないだろうか。 ​ こうした問題意識の下、2020年10月7日(水)にエディト主催、マーケットメーカーズ主管で、年金基金などの機関投資家向けに、「年金基金資産運用の方策を探る」と題したコンファレンスが開催された。この中でステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが主に株式投資のあり方について行った2つの講演内容をご紹介します。 詳細はコチラをクリック:https://www.japanpensions.net/report1

JPCオンライン第1回を開催致しました。

10月7日に開催されたオンラインコンファレンス(以下OC)を視聴者として参加しました。日本経済新聞等の開催するOCに参加した事はありますが、それに対比し、1時間という短時間でしたので、集中出来ましたが、これでもかなり疲れました。(集中出来るのはせいぜい1時間?) スピーカーの当意即妙の受答えや態度から、説明する運用戦略への自信や知識を測る事については、リアルには負けますが、説明内容を冷静に理解する為には、OCで十分と感じました。 さて、当日の内容を簡単に紹介します。 SSGA社の世界株式市場見通しは、「楽観だがマクロ経済リスクには注意が必要」でした。従って、投資戦略は、「株式ウエイトは維持(+機動的調整)」、投資のフレームワークは、「市場見通しに合わせて、守りはファクター投資(+攻めはアクティブな個別銘柄選択)」でした。 又、同社が推薦するファクター投資は、「クオリティ(持続的な利益成長重視)と低ボラティティの2つのファクターを組み合わせた戦略」でした。「基本楽観だが市場のリスクには注意が必要」との市場見通しから、下値抑制を重視しながらも、2つを組合せある程度上昇にも追随しようという戦略との事です。 (バフェットの過去の好成績を分析すると、クオリティと低リスクで説明できる事でも判るように、ファクター投資は理論的にも実証的にも検証された納得感ある手法との事です。又、2つの戦略間は相関が低いので、この2つを組み合わせるのは合理的等の説明もありました) 素人の講演内容まとめはこれ位にします。もっと詳細を知りたいとご興味がある方は、直接SSGA社(営業部門)にお問い合わせください。 来月以降も、オンラインコンファレンスを継続していく為にも、皆様から「次はこんなテーマで等のご要望をどんどん出して頂ければ、大変助かります。よろしくお願いします。 (マーケットメーカーズ、コンファレンス事業、アドバイザー、矢野)

© 2014 marketmakers