<JPCオンライン 第1回開催報告> ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズファクターの相関に着目した株式投資戦略で、下値を抑制した年金運用を

2019年度終盤から2020年度にかけて新型コロナ感染拡大を受けて資産運用市場は大きく動揺し、今年度の年金資産運用はきわめて難しい舵取りを余儀なくされてきた。しかしながら2020年度も後半に差し掛かり、年金基金にとっても今年度の残り、そして2021年度以降に向けて運用方針を再考すべき時期に来ているのではないだろうか。
こうした問題意識の下、2020年10月7日(水)にエディト主催、マーケットメーカーズ主管で、年金基金などの機関投資家向けに、「年金基金資産運用の方策を探る」と題したコンファレンスが開催された。この中でステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが主に株式投資のあり方について行った2つの講演内容をご紹介します。


詳細はコチラをクリック:https://www.japanpensions.net/report1








Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2014 marketmakers